【ビアビアビア!】Protokult / No Beer In Heaven

Protoklut2.jpg
アーティスト:Protokult
作品名:No Beer In Heaven
国籍:カナダ
ジャンル:フォークメタル
発売年:2014

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★☆☆☆
フォーク:★★★★☆
オススメ:★★★☆☆
【レビュー】
カナダのフォークメタルProtokultの2ndアルバム。
女性Vo、Vo&Gt&Key、Gt、Ba、Drの5人組。

初めて聴くバンドです。
Bandcampで見つけました。
アルバム名からして面白そうですが、試聴してみるといかにもフォークメタルってノリだったので買ってみました。
こちら(→https://protokultmetal.bandcamp.com/)で買えます。
Protoklut2 (4)
CD以外にいろいろオマケを付けてくれました。
ありがとうございます!

聴いてみましょう
Protoklut2 (2)
Protoklut2 (3)
…呑んだくれメタル
Keyやら笛、アコーデオン入りでダミ声Voと美しい歌声の女性Voが歌うというKorpiklaaniKalevalaのような陽気なフォークメタルです。
疾走は控えめだけどメロディはいいのでのんびりとしながらビール片手に聴けます。
しかし、前半は勢いがあるけど中盤以降は失速。
ゆったりしていたりプログレ的な複雑な展開がややこしくて飽きてしまいます。
もう少しシンプルでいいように思いますが…

1.Get Me A Beer オススメ
アコーデオンの音色に乗せて疾走。
ぴ~ひゃらと吹きまくる笛とビアビアビア!って掛け声が愉快!

2.Heaven Cast Me Out
歌謡曲のような哀愁のあるメロディのシンフォニックなナンバー
女性Voの声が美しい。

4.Flight Of The Winged Hussar
クサクサギターで疾走するメロスピチューン。
Kalevalaっぽい

6.Edge Of Time
ハードロック風の熱い曲。
ギターはヘヴィだし、掛け声も熱苦しい。

8.Desert Scourge
プログレ的なドラマティックな展開とファンタジックな世界観が魅力

10.Summer's Ode
ゆったりとしたシンフォニックなバラード。
サビの盛り上がりが感動的だし、泣きのギターも素敵

13~15は無音、テクノ、レゲエと本編とは関係無し。
なんでこんなのが入っているのか?

期待したほどじゃなかったのが残念。
まあ、雰囲気は悪くはないです。




コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム