Valknacht / Le Sacrifice d'Ymir

Valknacht3.jpg
アーティスト:Valknacht
作品名:Le Sacrifice d'Ymir
国籍:カナダ
ジャンル:ペイガンメタル ブラックメタル
発売年:2014

【評価】
クサさ:★★★☆☆
疾走感:★★★☆☆
エピック:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
カナダのペイガンメタルバンドValknachtの3rdアルバム。
Vo、Gt×2、Ba、Drの5人組。
正式なメンバーかは知らないけどフルート担当の女性もいます。

これまた初めて聴くバンド。
Celtibeerianを買う際に一緒に注文したもの。
ジャケットが巨人と戦う小人達という某漫画を彷彿させます。
カナダのバンドってのに惹かれるんですよね。
最近のこのジャンルでのカナダ勢の活躍ぶりは素晴らしく、フォークメタル3強(フィンランド、ドイツ、ロシア)に迫ろうかという勢いを感じます。
このバンドは今回が3作目らしいけど、まったく知らなかった。
機会があれば過去の作品も聴いてみたいです。

聴いてみましょう
Valknacht3 (2)
Valknacht3 (3)
…骨太ペイガンメタル
いや〜かっこいいよ^_^
勇壮なギターフレーズとうっすらとしたシンセ、フルートが絡み合ったエピックな雰囲気が漂うペイガンブラックです。
クサさやきらびやかさはないものの重厚なサウンドには映画のサントラ並みのスケール感があり壮大な世界に浸ることができます。
7、8分の曲がほとんどでずっしりとしたミドルテンポのパートやトレモロリフ、ブラスト疾走のブラック要素を折り込み濃密かつドラマティックに展開していきます。
Voは地鳴りのような低い咆哮。
エピックな作風だとこういうVoの方が雰囲気に合ってます。

2.La Bataille De Maldon
オーケストレーションをバックにずっしりと展開していく大曲。
ミドル〜疾走パートへの流れは激烈にしてドラマティックな聴き心地。

4.Sur Les Ruines De Rome
女性Voの強烈な咆哮が炸裂するブラック要素強めの曲。
ブラストビートと美しいフルートの音色がエピックに彩ります。

5.Le Sacrifice d'Ymir オススメ
Finntrollのようなバタバタ感のある疾走曲。
刻みまくるトレモロリフ、牧歌的なフルートの音色がクサい。

6.De Murmures Et De Givre
プログレ的な展開が素敵な曲。
叙情的なリフと間奏の壮大なパートは美しい。

8.Le Carmin Des Anges
激しく疾走しまくる激烈チューン。
Voは咆哮しまくり、ギターはトレモロを刻みまくり破壊力があります。

非常に作り込まれた濃密な作品でした。
クサクサなフォークメタルもいいですが、壮大な世界観で聴かせてくれるバンドもいいものです^_^

↓5曲目「Le Sacrifice d'Ymir」


コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム