Sonata Arctica / Pariah's Child

Sonata Arctica8
アーティスト:Sonata Arctica
作品名:Pariah's Child
国籍:フィンランド
ジャンル:メロディックパワーメタル
発売年:2014

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★☆
キャッチー:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
フィンランドのメロパワSonata Arcticaの8thアルバム。
Vo、Gt、Ba、Dr、Keyの5人組。
元RequiemのBaが加入。
KeyもRequiemの人なんですよね。
RequiemのInvisible Touchはマジ名曲!

ソナタは4thまでとか言われてるけど、そんなことは無い! !
ベストアルバムも入れてくれw
最近のソナタは全く興味なかったのですが、今回はロゴが初期に戻ってジャケに狼がいるという…期待していいのかな?
Sonata Arctica8 (4)
限定盤を買ったんだけど、なんかオマケが付いてた。
使い道がないのでどうしましょうか。

聴いてみましょう。
Sonata Arctica8 (2)
Sonata Arctica8 (3)
…し、疾走してる(O_O)
作品出す度に議論が起こるバンドだけに本ブログでは紹介を避けてきましたが今回は思わず記事にしたくなりました。
前作から「原点回帰」という言葉をチラつかせていたけど、今回はイイね^_^
全体的にはミドルテンポの曲主体で前作までの流れを組んだ形になっていますが、初期ソナタ?って思うような疾走が戻ってきています。
さすがに名曲WeballergyやWolf & Ravenのような派手さはないもののキャッチーなメロディとミドル〜疾走への流れが心地よくトミー・カッコの優しい歌声とともにクサくて速いソナタを堪能できす。
初期ソナタに固執する人には物足りないと思いますが、悲観するような作品ではないと思います。

1.The Wolves Die Young
透明感のあるミドルテンポの曲。
ソナタらしい寒々とした雰囲気が漂います。

2.Running Lights
イントロからツーバス疾走。
キャッチーなクサメロとキラキラサウンドが心地いい。

4.Cloud Factory
適度な疾走とトラッド調のメロディが印象的。
ここでもキラキラシンセがいい仕事してます。

5.Blood
シンフォニックな壮大さとモダンなアレンジを効かせたパワフルな曲。
サビで疾走するのがニクい!

6.What Did You Do in the War, Dad?
北欧らしいもの悲しげなメロディとプログレメタル的な構築が冴える疾走曲。
テクニカルな演奏から静寂パートへのながれがステキです。

9.Love
タイトルがストレートすぎるw
もちろんバラード。
コーラスがムーディな雰囲気を作っていてうっとりしちゃいます。

10.Larger Than Life オススメ
10分の大曲
疾走してるからいいって散々書いたけど、疾走してないこの大曲が一番いいというwww
ストリングス、クワイアを駆使しドラマティックに展開する壮大な曲。
4:45頃からの映画のサントラのような感動的なパートはもう泣けます(T_T)

脱メロスピしてからは1番いい作品です。
ソナタはメロスピはしないのだろうと思ってただけに、今回はやってくれたな!って思いました。
今年のラウパに出演するんじゃないか?って言われてるけど、これなら楽しめそう。
ところでCain's Offeringってどうなったの?

↓4曲目「Cloud Factory」

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム