Knights Of Round / A Falling Blossom Will Bloom Again

Knights Of Round3
アーティスト:Knights Of Round
作品名:A Falling Blossom Will Bloom Again
国籍:日本
ジャンル:メロディックスピードメタル
発売年:2013

【評価】
クサさ:★★★★★
疾走感:★★★★☆
エピック:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
国産エピックメタルバンドKnights Of Roundの3rdアルバムです。
ツインギターの5人組。
2010年に発表したEP以来の新譜です。
メンバーチェンジがあって寡黙で(titterではよく呟いてるw)仮面を被った独特な風貌のギタリストRyusaさんが加入しています。
見た目はアレですが、Yazinさんいわく凄腕のギタリストのようです。

10月に吉祥寺クレッシェンドで行われたTriple Crown #1を観に行ったとき新作を出すって言ってたけどついに出ましたか(^O^)
その時新曲3曲を披露して今回も良さそうと期待してました。

そんなナイツですが、本作リリース後初となるライブを行います。


私はチケット予約済み(^_^)v
またいい歳した大人たちがオモチャの剣を振り回すのですねw
恥ずかしいけどナイツのノリに慣れなければw

聴いてみましょう。

Knights Of Round3 (2)
Knights Of Round3 (3)
…ファンタジーメタルの日本代表
今回もファンタジックでクサ過ぎる(>_<)
作風は前作の延長線上の作品。
泣きを含む勇壮なギターとシンフォニックなアレンジで惜しげもなくクサメロ疾走しまくります。
ヨーロッパのファンタジーメタルと違って圧倒的なスケールで聴かせるってわけではなくゲームやアニメのようなヲタ向けの世界観をクサ過ぎるメロディで描き出す手法はいかにも日本のバンドらしい。
赤面必至の恥ずかしいクサメロなんだけど嫌いじゃない。
加入後2作目となるCaz:nieさんの歌声はクセのあるハイトーンボイスであるものの既にナイツのフロントマンとしてバンドに無くてはならない存在となっています。

オープニングから激クサ疾走曲でスタート。サビの飛翔ぶりが素晴らしいね。
3はスケールの大きさを感じさせる曲。生バイオリンの美しい旋律にウットリ。
4はキラキラしまくるスピードチューン。Caz:nieさんの力強いハイトーンは熱い!
6は北欧メロスピ風のキラキラ疾走チューン。叙情的なツインギターが素敵です。
8はメロデス風の曲。ゲスト参加の窪田道元さんのコーラスがヘヴィな曲をより一層盛り上げます。
そういえばDrのJuhkiさんはThousand Eyesに参加してましたね。
9はCaz:nieさんが作詞した曲。Azraelを彷彿させるキャッチーなメロディとキラキラがいい。
ラストはエピックメタルらしい10分越えの大曲。4つのパートで構成されていて重厚でドラマチックな展開が感動を呼びます。

疾走曲多目でどの曲も好印象です。
前作でこのバンドの方向性が定まった感じがして、本作ではそれが更に強固なものとなり安定感が生まれました。
これがきっかけでナイツの快進撃が始まりそうな予感。
これぞナイツと言わせる力作です。

↓6曲目「Garden Of Gold」

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム