Claymore / Lament of Victory

Claymore2.jpg
アーティスト:Claymore
作品名:Lament of Victory
国籍:セルビア
ジャンル:メロディックパワーメタル シンフォニックメタル
発売年:2013

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★☆☆
エピック:★★★★☆
オススメ:★★★☆☆

【レビュー】
セルビアのエピックメタルバンドClaymoreの2ndアルバムです。
女性Vo擁する5人組。
前作から約11年ぶりとなる新譜です。

ある日海外サイトを眺めていたら私が好きそうな、ジャケット、バンド名のこのバンドを発見。
セルビア産ですと?
私が見つけた当時は Bandcampで音源を公開してただけ。
しばらくしたらロシアのSoundageからリリースされたので買ってみました。
(→http://eng.soundage.org/shop/goods.php?razdel=soundage&type=cd&ptype=162&id=3034)

聴いてみましょう。
Claymore2 (2)
Claymore2 (3)
…B級だけどいい雰囲気
壮麗なシンフォアレンジにメロパワ、メロスピを合わせたAncient BardsKerionに通じるファンタジーメタルです。
勇壮なギター、きらびやかなシンセ、クワイアが曲を盛り上げマイナーバンドの割りにしっかりとした世界観を持っています。
女性Voはオペラティックな歌唱ですが曲によってはパワフルなハスキーボイスで歌ったり、男性Voが歌う曲もあります。

キラキラとしたイントロで始まるオープニングはエピックメタルらしい壮大なスケールと重厚なサウンドで聴かせる王道メロパワチューン。
2はジャーマンメタルのようなクサキャッチーでパワフルな疾走曲。
4は男性Voが歌う漢臭い曲。勇壮なクワイアが熱い。
6はしっとりとしたアコースティックなナンバー。終盤の女性Voのスキャットが泣けます。
7はNightwish風の壮大なナンバー。明るいメロと壮麗なアレンジでクサクサに聴かせるキラーチューンです。

前半の曲に比べて後半がダレてしまったのが残念なところ。
ファンタジックな世界観はいいし、アレンジもいいので後は曲の魅力が増せば文句なし。
セルビア発のエピックメタルとして今後もがんばって欲しい。

↓1曲目「On the Wings of Time」




コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム