Intersteller Genocide / Kings in Satans Service

Intersteller Genocide1
アーティスト:Intersteller Genocide
作品名:Kings in Satans Service
国籍:ドイツ
ジャンル:シンフォニックブラックメタル
発売年:2013

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★☆
キラキラ:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
ドイツのエピックブラックメタルバンドIntersteller Genocideの1stアルバムです。
たぶんVo、Gt、Bs、Drの4人組。

Youtubeでいい作品ないかな~と探していたらこのバンドを発見。
キラキラしてて私好みのものだったので購入しました。
CDはアメリカのAmazonにしかないと思います。
興味ある方はそちらを覗いてみてください。
http://amzn.com/B00BHO17EQ

聴いてみましょう
Intersteller Genocide1 (2)
Intersteller Genocide1 (3)
…やり過ぎなくらいキラキラしたブラックメタル
激烈なブラストビートとザラザラとしたギターが重々しい空気を漂わせ、壮麗なアレンジが曲を彩るDimmu Borgir、Cradle Of Filthタイプのシンフォブラック。
このバンドの魅力は何といってもやり過ぎってくらいキラキラしているところ。
ブラックメタルの激しさとド派手なキラキラが合わさればそりゃあクサいものになるんですよ。
いや~こういうのは大好きなんです。
曲は暴虐さがありますがあまり暗すぎず明るすぎずといったところ。
Cradle Of Filthを意識したようなシアトリカルな作りが曲を盛り上げます。
Voはダニ・フィルス風の金切り声。
クリーンボイスで歌うパートもありますがへなちょこでちょっと頂けません(^_^;
なんかこの人達はCradle Of Filthをモロ意識してますな。

ファンタジックなプロローグで幕が開くと激烈なブラストビートがスタート。キラキラしまくりながら激しく畳み掛けます。
3はCradle Of Filthのようなホラーテイストな曲。クラシカルなピアノの旋律が不気味。
6はやり過ぎってくらい大仰なバッキングが印象的なスリリングな曲。中盤の静寂なパートはEmperorにも通じる幻想的な世界が広がります。
7はモダンなメロデス風の激しい曲。リフはメロデスですね。
ラスト10は激クサのキラーチューン。キラキラしまくりブラストビートしまくり、これはクサ過ぎる!

音が軽る過ぎてブラックにしては迫力に欠けるのが残念なところ。
マイナーブラックとして割りきって聴けば気にならないかな?
クサくてキラキラブラックが好きなら楽しめる作品です(^_^)v

↓10曲目「Lost in Dark Reveries」

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム