Ethereal Sin / Millendium

Ethereal Sin2
アーティスト:Ethereal Sin
作品名:Millendium
国籍:日本
ジャンル:メロディックブラックメタル シンフォニックメタル
発売年:2013

【評価】
クサさ:★★★★★
疾走感:★★★★★
シンフォニック:★★★★★
オススメ:★★★★★

【レビュー】
国産エレジアックブラックメタルバンドEthereal Sinの2ndアルバム。
グロウルで歌う男性Voとオペラチックに歌い上げる女性Voの6人組。
本作は2009年以来の新譜だそうです。

国産ブラックなんてSighTyrantくらいしか知りません。
Tyrantもつい最近知ったんですけどね。
勉強不足ですみませんm(_ _)m
今年Ne ObliviscarisMardukの前座を務めて評判が良かったと耳にします。
最近になってどんなものなのか?試聴してみたらめっちゃワタクシ好みのものじゃないですか!
試聴した翌日ディスクユニオンに買いに行っちゃいました。
Red Rivet Recordsさんからリリースなので手頃な値段で買えるのがありがたい。

聴いてみましょう。
Ethereal Sin2 (2)
Ethereal Sin2 (3)
…ゴージャスなクサブラック!
エレジアックブラックというものがなんなのかよくわからないけど、これはクサ過ぎる!
本作は千年王国の崩壊をテーマにしたコンセプト作。
トレモロリフ、ブラストビートで重厚に畳み掛け壮麗なアレンジが曲を彩る、Dimmu BorgirCradle Of Filthタイプのブラックメタルです。
ブラックメタルらしいダークな雰囲気が漂いますが、それに加えメロスピ的な爽快感とエピックメタルらしい勇壮さがあり、Bal-SagothStormlordに通じるクサメタラー好みのサウンドとなっています。
男女混合Voということで女性Vo.Morgan le-Fayさんの美しいオペラボイスが激烈なサウンドの中で生き生きとし、ゴシックメタル的な耽美さがゴージャスなサウンドを更に強固なものにパワーアップさせています。
そんでもってメロディは激クサという…欠点が見当たらない(>_<)

ファンタジックなプロローグに続くオープニングチューンはメロスピ風の疾走曲。
クサクサのギターとド派手なキラキラシンセに加え熱いコーラスでいきなり度肝を抜きます。
3は激烈なブラストビートと絶品泣きのトレモロリフが炸裂。
ブリッジで徐々に盛り上がっていきサビでは大合唱…クサ過ぎる(>_<)
6はクラシカルな旋律を織り込んだ重厚なゴシック風の曲。
7はEmperorのI Am The Black Wizardsっぽい。
10は激烈な疾走とファンタジックなアレンジが荘厳に彩るドラマチックな曲。
11はメロディアスなギターを前面に出しブラックというよりはエクストリームに暴れまくる曲。
13は哀愁のある泣きメロと女性Vo.Morgan le-Fayさんをメインにしたメロスピ風の疾走曲。

初めから終わりまでクサメロ爆走の雨嵐。
ブラックメタルの良さを損なわずにド派手なアレンジと男女混合Voの強みを生かした激烈かつゴージャスな仕上が感動を生みだしています。
海外のバンドと共演経験が豊富なだけあって演奏、アレンジ、表現力は確かなものがあり、国産という枠には収まりきらないスケールの大きさを感じます。
ブラック、エピックメタル、ゴシックメタルファンなら間違いなく琴線に触れるクサブラックメタルの決定版!

↓3曲目「Wolves Howl In The Lunar Eclipse」

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム