Vesperia / An Olden Tale

Vesperia1.jpg
アーティスト:Vesperia
作品名:An Olden Tale
国籍:カナダ
ジャンル:フォークメタル
発売年:2013

【評価】
クサさ:★★★★★
疾走感:★★★★☆
エピック:★★★★★
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
カナダのエピック/フォークメタルバンドVesperiaの(多分)1stアルバムです。
ツインギターの4人組。

いつものように海外サイトでこのバンドを発見。
試聴したところめっさかっこいい!
これは買わねば!と思い探したところ、このバンドの公式ショップ(http://vesperia.bigcartel.com/product/an-olden-tale-2013-full-length)にありました。
買おうと思ったのですが…送料が高すぎて断念(T_T)
CD代+送料で40ドル弱、とてもCD一枚に払える値段ではありません。
どこか入荷してくれると信じ待っていました。
するとS.A.Musicさん(http://www.metalpesado.com/mailorder/)が入荷したのを知り速攻注文しちゃいました。
入荷してくれてありがとう!

さてこのバンドですが、Vo&Bs、Gt×2、Drという編成。
BsとDrはクサメロデスCrimson Shadowsの人。
BsのMorgan Riderが主導のプロジェクトのようです。
2011年にデモを発表していてその音源はこちら(http://vesperia.bandcamp.com/album/the-swordsman)で無料DLできます。
手続きが必要のようですが興味ある方はチェックしてみてください。

聴いてみましょう。
Vesperia1 (2)
…破壊力のあるフォークメタル
カナダのフォークメタルといえばNordheimCatuvolcusBattlesoul…ぐらいしか思い浮かびませんが、どれも質が高い。
そして今回登場したVesperiaもとても1stはと思えない高品質な作品です。
かなり強烈ですよ、コレは!
メロディアスなリフワークで疾走。
クサクサの笛やらアコーディオンのアレンジ、漢クサいコーラスで王道エピックメタルを壮大なスケールで描きます。
重厚なサウンドは破壊力抜群でクサクサなメロディと共に疾走すればもう最高です。
Voはゲボゲボとしたグロウルで好みは分かれそうだけど野太く勇ましいし曲の雰囲気とは合ってます。
まるでFinntroll愉快さMithotyn勇壮さが合わさったようで実にかっこいい!

オープニングチューンはこの手のバンドではお決まりの勇壮なミドルテンポの曲。
コテコテだけどアコースティックなパートやクリーンボイスを折り込みながら壮大に描いていく様は圧巻。
4ではピロピロとした笛とアコーディオンと共にメロスピ風に疾走。
クリーンボイスで歌うサビは爽やか。
5はEquilibriumばりにシンフォニックに疾走しまくります。
6はこの作品一番のキラーチューン。
シンフォニックなアレンジとクワイア、リズムチェンジを折りませてダイナミックに展開していきます。
クサクサなリフワークには思わず首を振っちゃいます。
ラストは17分の大曲。
牧歌的なアレンジとアコースティックなアレンジが印象的。
10分過ぎで曲は終わり残りはSEとなっています。

王道エピックフォークを破壊力のあるサウンドで作り上げたことで曲の魅力を引き出すことができました。
演奏、アレンジ、スケール感、すべてにおいて質が高く、デビュー作ながら世界で戦える実力をみせつけてくれました。
フォークメタルファンなら要チェックの作品です。
Crimson Shadowsよりこっちをメインでやってくれないかな~。


↓6曲目「To Times End We Ride」

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム