Scorned Deity「Adventum」

Scorned Deity2
アーティスト:Scorned Deity
作品名:Adventum
国籍:アメリカ
ジャンル:メロディックデスメタル
発売年:2013

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★☆
キラキラ:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
アメリカのメロデスScorned Deityの2ndアルバム。
ツインギター、シンセ入りの5人組。
ジャケット怖っ!夜見たらチビりますね。
このバンドはシンセ入りのいわゆるキラデスなんですが、キラデスっていうとCOBNortherのような北欧ってイメージが強い中アメリカからこの手のバンドが出てくるのは珍しいですね。
EpicureanだとかDestroy Destroy Destroyといることはいますがそんなに多くはないですね。
このバンドの音源を聴いたときあまりのキラキラぶりにCDを入手せねば!と思い探していたところコチラ(http://scorneddeity.bigcartel.com/)で入手できました。
送料込みで10ドルという大変ありがたい価格だったので即手続きを済ませました。
サイン書いてってお願いしたんだけど、書いてくれなかったwww
まぁ、いいや(^_^;)

聴いてみましょう。
Scorned Deity2 (2)
…悲壮感漂うキラデス
試聴したときはブラック寄りのものかな?って思ってたら、メロディアスなツインギターのリフでデスラッシュばりに疾走。
そこへ北欧的な透明感のあるシンセが合わさり、美しくももの悲しげなメロデスを聴かせてくれます。
突進力はあるものの音が軽めなため、迫力はあまり感じません。
しかし、それはシンフォニックさを生かすためにあえて軽くしたかのように感じます。
デスラッシュ風の疾走チューン中心ですが、ゴシック風の曲やブラックメタル的な激しさ、女性Voを起用したりとメロデスに拘らずジャンルの幅を広げてようとしているところはこのバンドの世界観をより魅力的に表現するいいアクセントとなっています。
アメリカ産でありながらも北欧的な美しさと悲壮感が漂うのキラデスの力作です!

↓11曲目「A Spectacle in Red」

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム