​Lux Perpetua / The Curse Of The Iron King

Lux Perpetua1
​アーティスト:Lux Perpetua
作品名:Curse Of The Iron King
国籍:ポーランド
ジャンル:メロディックパワーメタル
発売年:2017

【評価】
★★★★
​【感想】
3年振り2枚目のアルバムです。

Vo、Gt×2、Ba、Dr、Keyの6人組。

毎度おなじみBandcampで見つけたバンドです。

元はSentinalというバンド名で活動してて2009年に今の名前に改名したそうです。Sentinal…知りませんね。

試聴して良さげだったので買ってみました。CDは日本で扱ってるお店があったのでそちらで購入。アマゾンでも扱っているようです。

買ってから気づいたのですがレーベルがUnderground Symphonyでした。SkylarkやHoly Knights、Conceptなどイタリアのマニアックなバンドを扱っているレーベルで、かつてはSabatonも在籍してました。クサメタラー御用達のレーベルですよね。

Lux Perpetua1 (2)
Lux Perpetua1 (3)

おおお、なるほどwww

やっていることは、クサメロを撒き散らしきらびやかに疾走するファンタジーなメロパワ。いかにもUnderground Symphonyというサウンドです。

惜しげも無くクサメロを弾き倒すギターや派手に楽曲を彩るkey、ヒロイックな合唱など、まるで初期のDark MoorやThy Majestieを彷彿とさせるクサメタルにガッツポーズです。

Underground Symphonyに所属しているバンドはプロダクションがガッカリだったり、Voがヘナチョコだったりと、クサい以外は残念なところが多いけど、このバンドは割りとクオリティが高く、ヘンテコリンな要素は少ないです。国内盤が出てもいいレベルだと思います。


2.Curse Of The Iron King オススメ
ヴァイキングメタルっぽい勇壮なギターとシンフォなkeyで劇的に盛り上げるメロスピナンバー。ファンタジーな雰囲気と2本のギターが奏でるクサメロが強烈。

3.The Legend
FFのBGMのようなギターが印象的なミドルテンポの曲。ファンファーレのようなKeyが聴き手の心を熱くさせます。弾むようなリズムもいい感じ。

4.Army Of Salvation
Rhapsodyみたいな語りで始まりメロディックなギターと掛け声で高揚感を高めてから疾走。歯切れのいいリフときらびやかなkeyでテンポよく進み、ジャーマンメタルみたいなパワフルなサビへと展開するミドルテンポの曲。

6.Eversong
Blind Guardianみたいなアコースティックなバラード。アコギとホイッスルの音色にうっとり。パワフルな曲が多い中、しんみりと聴かせてくれるバラードがあるのはいいね。

9.The Werewolf
テクニカルな演奏とプログレ的な展開を多用したドラマティックな曲。終盤の落ち着いたバラードパートから疾走への展開は見事。


​アルバム後半が弱かったのが惜しかったです。

メロパワファンは要チェック!




↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム