​Wolfchant / Bloodwinter

Wolfchant6.jpg
​アーティスト:Wolfchant
作品名:Bloodwinter
国籍:ドイツ
ジャンル:フォークメタル ヴァイキングメタル
発売年:2017

【評価】
★★★
​【感想】
4年ぶり6枚目アルバムです。

Vo×2、Gt×2、Ba、Drの6人組です。

このジャケットとアルバムタイトルを見たとき、Catameniaですか?とツッコミそうになりましたw

2005年から2年おきにアルバムをリリースしていましたが、前作発表してからしばらく間が空きました。一定のペースでアルバムを発表して来たバンドが音沙汰ナシになると心配になりますよね。

新譜はWolf Metal Recordsというどう考えても自主制作でリリース。2CD仕様がありそちらには1stデモ「The Fangs of the Southern Death」の再録が収録されているようです。おれめたるはそちらが欲しかったのですが、値段が高かったため通常盤を買いました。

Wolfchant6 (2)
Wolfchant6 (3)

やっていることはダミ声VoとクリーンVoを駆使し、パワフルでヒロイックなサウンドを築いていく漢臭いフォーク/ヴァイキングメタル。

しばらく間を置いたことで何か変わった点はあるか?注目しましたが特になし。Turisasに通じるようなシンフォでヒロイックなサウンドはとてもわかりやすいし、クサメロもあり初めて聴く人でも楽しめると思います。

ただ、このバンドは毎回「いい線いっているけど惜しいな」と感じるんですが今回も一緒。物足りない…>_<ミドルテンポの曲がメインで単調。ずば抜けていい曲もなく、全体的に印象が薄いです。


2.Schicksalsmacht オススメ
重厚なギターとどっしりとしたリズムで進行し、派手なオーケストラと力強い合唱で盛り上げるTurisasみたいなヴァイキングメタルナンバー。哀愁があり漢泣きを誘うメロディが素敵です。

3.Wolfchant (A Wolf to Man)
ガッツ溢れる刻みと鼓舞するように鳴り響くkey、そして、弾むようなリズムで突き進むパワフルな曲。ゴリゴリマッチョな曲調と熱い合唱に力が入ります。

6.Heritage of Fire
民謡チックなギターメロディと勇ましい大合唱で派手に盛り上がるRhapsodyみたいなファンタジーなパワーメタルナンバー。曲のタイトルが物語ってますw

7.Sehnsucht
キラキラとしたkeyメロと哀愁のあるギターで寒々とした雰囲気を醸し出すエピックな曲。メロデスチックな泣きのギターがクサい。

10.Am Schlachtfeld
Finntrollばりに暴れまくる酒呑み系ドタバタ疾走曲。パワフルな疾走と大合唱にガッツポーズ。やっぱりフォーク/ヴァイキングメタルはノリが大事です!


今回も惜しかったな…

メロディやアレンジは光るものがありますが、もう一皮脱けて欲しかったです。

↓5曲目「Bloodwinter」



↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム