Epica Japan Tour 2017@渋谷Club Quatro 2017.04.06

IMG_9675.jpg
​Epicaが初来日!

NightwishやWithin Temptationはもちろん、Delain、Xandria、Ancient Bardsは来日したことがあるのに、Epicaはまだ無いってね。

そんな歴史的なライブを観てきました。
Epica来日は以前から噂があって、某プロモーターEが呼ぼうとしたら別のプロモーターに横取りされ断念。某フェスに出演するんじゃ無いか?とも言われてたけど、最終的には音協さんが呼ぶことになりました。

会場は渋谷クラブクアトロ。いや…どう考えても狭いでしょう!音協さんが大好きな品川プリンスステラボウホールじゃないの?いつもなら無駄に広い会場を選ぶのにこの日は800人規模の箱ってね。

チケットはもちろんソールドアウト。そのため、フロアは人で溢れてました。そりゃそうなりますわ。

定刻をやや過ぎてから暗転。

荘厳なBGMをバックにメンバーが登場。前列はVoのシモーネを中心に両サイドにギター2人、後列は上手側からDr、keyと並び、Baはシモーネの後ろという配置でスタート。

セットリスト
(Eidola)
Edge Of The Blade
A Phantasmic Parade
Sensorium
Unleashed
Martyr Of The Free Word
The Essence Of Silence
Storm the Sorrow
The Obsessive Devotion
Dancing In A Hurricane
Unchain Utopia
Cry For The Moon
アンコール
Sancta Terra
Beyond The Matrix
Consign To Oblivion

先ほどは「集客力に対して会場が狭い」と書きましたが、ここで言いたいのは「バンドの実力に対して会場が狭い」ということ。音やら演奏、ライブ運びなど…Epicaはクアトロほどの箱では収まりきらないポテンシャルを持っていました。ロード・オブ・ザ・リングやスターウォーズは広い映画館で見た方が楽しいというのと同じ。壮大なシンフォニックでエクストリームなメタルは広い会場で見たらもっと感動したかもしれません。多分、みんな同じことを感じたと思います。

バンドの顔であるVoのシモーネ・シモンズは赤くてサラサラとした長い髪を靡かせ優雅なステージングで存在感を放ちます。見た目に華があるだけでなく歌唱も見事。優雅で伸びのある歌声はすべてを包み込むような優しさがり、とても聴き心地がよかったです。しかし、見た目とは違い煽りはオラオラしてたし、歌ってないときは頭を大きく振っててやっぱりメタルバンドのVoなんだなって感じました。

むさ苦しい野郎共の方はというと、完璧にエクストリームメタルのノリ。

ギターとデス声を担当するマーク・ヤンセンはシモーネの優雅な歌声とは対象的に激しい咆哮で音源通りの美と憎のコントラストを再現。ただ、音源ほどのドッシリとした咆哮ではなくギャーギャーとした声でちょっと弱いかなって思いました。

もう1人のギタリスト、アイザック・デラハイはめっちゃノリノリ。ニコニコしながら忙しなく動き周ったり、積極的に煽りを入れたり、時折バッキングにも参加するなど大活躍。楽しいライブになったのはアイザックの存在が大きかったです。

そして、地味に活躍してたのがKeyのコーエン・ヤンセン。基本的にはステージ後方でKeyを演奏するけど、時折ショルダーkeyを持って前に出てきてライブを盛り上げます。少ない登場機会でもきっちり仕事をするコーエンさんは素敵ですね。それにしても、メンバーみんな髪がサラサラなのに1人だけハゲって...失敬!

リズム隊は黙々と演奏に専念し、しっかりと演奏の土台を形勢してました。ドラムのアリエン・ファン・ウィーセンビークはおれめたるの位置からだと見えづらかったです。やっぱりクアトロはダメだわw

ライブは新譜の頭2曲でスタート。
3曲目は1stアルバムのSensoriumがコールされて大歓声。デスメタリック要素は薄く、耽美でクラシカルな曲調とシモーネのしっとりとした歌声に悶絶。曲が終わるとエピカ!エピカ!コールが起こりバンドは御満悦でした。
4thアルバムから劇的な疾走曲のUnleashed、Martyr Of The Free Wordをやってフロアが暖まったところで、待ってました!6thアルバムからThe Essence Of Silence。イントロのストリングスが流れ出した瞬間は大歓声。ヘヴィなギターとマークの咆哮に熱くなり、シモーネの優雅に響き渡る歌声に感動。この曲が聴けて良かった!
3rdアルバムのThe Obsessive Devotionが始まる前には弦楽器隊がサークルピットを要求。それを見て「Epicaってエクストリームメタルなんだな」って思いました。ただ、曲が始まったらなぜかモッシュが起こってましたwまあ、盛り上がってたから良しとしてください。
Unchain Utopiaではコーエンの伴奏に合わせてシモーネが観客にサビの部分を歌わせようとしてましたが、ちょっと無理があったかな…
本編ラストはCry For The Moonのふぉ~えば~あんで~ば~!の大合唱で締め。
​アンコールの最初Sancta Terraではコーエンがフロアに登場、ノリノリでKeyを弾いて盛り上げます。曲が終わるとコーエンコーエンコールが起り本人はニコニコでした。
Beyond The Matrixではシモーネが「みんなで一緒にジャンプよ!」といいフロアは「ハイ、ハイ」という掛け声と共にピョンピョンとジャンプ。これは見てて壮観でした。
そして、ラストはシモーネがWODを要求。もう完璧にエクストリームメタルじゃないですか!Epicaスゲーって思いました。最後はもうフロアはごっちゃごっちゃになってましたw

約100分ほどのライブでした。いや~楽しかったです。



【総評】
シンフォニックメタルだけど、エクストリームメタルでもあるという...1度で2度美味しいライブでした。

バンドは「また来るから」と言ってたから次回は広い会場でライブやりましょうね!

↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

No title

おれめたるさん、こんにちは!

レポありがとうございます。
待ちに待ったEpicaでした。

名古屋に行ってきました。あのサイズの会場で観られるのは幸せですが、バンドには申し訳ない気もしますね。ただ、名古屋はそんなに客入りも良くなく、ごっちゃごっちゃにはなりませんでした。
次回はもしかして、ラウドパークなんでしょうか?めちゃデカい会場になりますね。

帰りに地下鉄の駅で、セットリスト2枚ゲットしたから、と言って、1枚譲って下さった方がいたんです。感謝。

Re: No title

とうもろこしさん

こんにちは、コメントありがとうございます。

Epica良かったですよね!メンバーを近くで見れてよかったですが、やっぱり広い会場で見たいですよねw

今回の来日でどれだけ集客力があるかプロモーターもわかったと思うので次回は大きい会場でやってくれると期待してます。

セットリスト、うらやましい!

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム