​DGM & Elvenking Japan Tour 2016 @新宿Marz 2016.11.6

Elvenking_DGM.jpg
​DGMとElvenkingのカップリングツアーを見てきました。

DGMは2回目の来日でElvenkingは初です。

JAFで楽しんだ翌日もライブとか!日本人に生まれて良かった(^ ^)まあ、イタリアで生まれればたくさん観れるでしょうがw
​おれめたるは身内の家で一晩過ごし、大島小松川公園でヒトカゲをゲットしまくって昼過ぎに新宿へ。

会場の近くにあるローストビーフ油そばが売りの「BEEFst」に行く途中、DGMとAncient Bardsのメンバーに遭遇。そう言えばランチを一緒にしてたってツイートを見ました。声はかけませんでしたが、途中まで2組の後ろをついて行きました。

おれめたるはランチを済ませ、しばらくポケGoをやって会場時間少し前に新宿Marzに行きました。

この会場に来たのは3月のKalmah以来です。

中に入り物販でElvenkingのツアーTを購入しました。売り子さんがモタついてるのをみて「手伝いてえ(>_<)」って思いました。この会場は物販のスペースが狭いんですよね。

この日は前売りは完売で当日も若干でたようですが、最終的には満員御礼だったようです。このカップリングに対し、会場が狭いですよね。バンド側が他の日程では無理だったようでその日空いてた会場が新宿Marzしかなかったってことなんでしょう。


Ancient Myth

このバンドを見るのはコレが2回目。前見たのはCatameniaの時だっけ?

Izoさんもパジーさんもいないからあまり興味なし。

飛翔系のクサメロスピで結構好み。きらびやかなkeyもあって曲自体は良かったです。

ただ、演奏はあまり纏まってなかったし、Voの声が低くノレない。この手のバンドは甲高いハイトーンボイスの方がいいと思いました。


​Rakshasa

初めて見るバンドです。

Voは元Albion、BaとGtはEthereal Sinという、つまり主催者のバンドと言うこと。

BaのYamaDBさんが新たなことに挑戦したいというようなことを言って始めたのがコレ。

やっていることは和風でアニソンチックなメロパワ。

演奏はAMよりも纏ってて、ツインギターのハーモニーが良かったですが、Yamaさんがベースを弾いてる姿に違和感がありましたw


Elvenking

エルフの王、初来日!

世界3大森メタルバンドで来日してないのはElvenkingだけでしたが、とうとう日本に来ました。やったぜ!

セットリスト
(The Manifesto)
1.The Scythe
2.Elvenlegions
3.A Riddle Of Stars
4.The Wanderer
5.Moonbeam Stone Circle
6.This Nightmare Will Never End
7.Twilight Of Magic
8.Pagan Revolution
9.Grandierís Funeral Pyre
10.Runereader
11.The Divided Heart
12.The Loser

フォークメタルのような呑んだくれのドンチャン騒ぎではなく、正統派メタルやハードロックのようなノリノリの楽しいライブでした。

Voのダムナはあまり調子が良さそうには感じませんでした。高音域が歌えてなくて音程を変え誤魔化すところがいくつかありました。ただ、マイクスタンドをガッシリと握ってパワフルに歌う姿は正直にカッコよかったし、煽りも上手い。見た目もイケてるからロックスターみたいなカリスマ性がありました。

演奏陣はドラムがイマイチ。フィルインの時よくモタついていました。あと、音がバカでかい。ギターサウンドはしっかりと出ていたものの、このバンドの魅力であるバイオリンはやや抑え気味。もう少し音のバランスが均等だったらフォークメタルらしいサウンドを味わえたのですが。

ライブは4thアルバムのタイトルトラックThe Scytheでスタート。個人的に問題作の曲からスタートとは!と思いつつも、キャッチーな歌メロに拳を突き上げていました。
そして、新譜のリードトラックElvenlegionsのイントロが流れ出したら大歓声。ノリノリのメロパワナンバーでフロアはヒートアップ。サビは大合唱でした。
A Riddle Of Starsの後のMCではダムナが初来日と見に来てくれたファンへの感謝をするとフロアからは暖かい声援が送られるとThe Wandererがコールされおれめたる氏発狂。ぎゃあああああああああああ!もう、この日いろんな曲をやったけど、この曲が聴けただけで充分。イントロのクサいバイオリンに悶絶しサビはもちろん大合唱。
The Wandererで燃え尽きた...と思っていたらMoonbeam Stone Circleがスタート!これまたうわああああああああ!ってなりました。バイオリンが乱舞するメロスピナンバーだからテンション上げ上げ。ただ、この曲はダムナはまったく歌えてなかったです。途中何の曲だっけ?ってなりました。
切ないメロディで疾走するThis Nightmare Will Never Endの後はTwilight Of Magic!きたああああああああああ!激クサメロスピナンバーでジャーマンメタルチックに盛り上がるキャッチーなサビは最高にクサい!
Pagan Revolutionはフォークメタルらしい陽気で弾む曲だからステージ上もフロアもノリノリ。
その後の選曲はイマイチでしたが、最後はテンションの高いメロパワナンバーThe Looserでキッチリ締めてくれました。

バンドのパフォーマンスは思ったほど高くはなかったけど、やっぱりいい曲をたくさん持ってるバンドは強いです。DGM目当てで来たお客さんも楽しめたんじゃないかな?


DGM

2回目の来日。

前回の来日はKnotfestと同じ週だったため、泣く泣く諦めました。今回はKnotfestを蹴ってDGMを選びました。本当はJAFも行きたかったんですが…

転換中は幕が降りてるんですが、この会場の幕は透けていて中の様子がよくわかるという、何のための幕だ?お陰でメンバーがセットしてる様子が見れて得した気分になりました。

セットリスト
1.The Secret Pt. 1
2.The Secret Pt. 2
3.Animal
4.Reason
5.The Passage
6.Universe
7.No Looking Back
8.Repay
9....In A Movie
10.Fallen
11.Ghosts Of Insanity
12.Trust
アンコール
13.Hereafter
14.You Wa Shock(クリスタルキング、愛をとりもどせ!Cover)

派手なアクションや演出はなく、演奏陣はひたすら各々の仕事に徹し、Voのマーク・バジルが盛り上げるという、地味に感じるかもしれませんがこのバンドの場合それで充分。高級な牛肉を食べるなら味付けは塩胡椒でだけ。素材の旨みを味わえた…そんなライブでした。

演奏が上手いのは誰もがわかりきったこと。Drのファビオ・コスタンティーノとBaのアンドレア・アルカンジェリのずっしりとしていて安定したリズムにエマニュエル・カサーノのきらびやかなkeyワークとシモーネ・ムラローニの超絶ギターテクニックが華やかに彩る、ハイレベルなアンサンブルは見ごたえがありました。

会場が狭いおかげでシモーネのギタープレイを間近で見れるという、なんて贅沢な!シモーネは「どうぞ、私のギターテクニックを見てください!」と言わんばかりにステージの前の方まで出てきて弾きまくる。演奏が上手いギタリストはいるだけで華がありますね。

Voのマークは素晴らしいパフォーマンス。前日に見たAncient Bardsではサラの歌唱力の高さに圧倒されましたが、マークは驚きというより流石といった感じ。声量はあるし歌唱力もある。どの曲でもブレはなく安定感抜群。Elvenkingのダムナと違い安心して見てられました。

あと、Baのアンドレアなんですが、この人が見れただけでも感動。なぜなら彼は元Conceptのメンバーだから。クサメタル史に残る名盤を2枚発表して消えていったConceptの元メンバーが演奏してる姿が見れただでも見に来て良かったなって思いました。そういえば、物販にConceptの1stが置いてあって笑っちゃいましたw

ライブはアルバムと同じくThe Secret Pt. 1、2でスタート。スタートから大盛り上がり。ただ、この曲Pt.2の方はノリづらい。
Animalではもちろんあにま~るの大合唱。マークはわかりやすく「ここで合唱だよ~」と言わんばかりにマイクをフロアに向けてました。
Reasonではシモーネのリフワークにしびれました。あのメロディックなんだけどクネクネしたようなリフは独特でホントカッコいい!そしてサビではあ~あ~の合唱でこれまた大盛り上がり。
新譜タイトルトラックThe Passageの後、マークが「速い曲だよ」と言ってUniverseがスタート。ヘヴィな疾走とスリリングなKeyワークがかっこいいのなんの。ガンガン頭を振って聴いてました。
もの悲しげなピアノで始まったバラードRepayはとにかくマークの歌唱力に圧倒されました。このバラードはやって欲しかったので聴けて満足。
マークが「次はスペシャルな曲だよ。MVの曲だ」と言ってFallenがスタート。メロディアスな疾走ナンバーでサビはもちろフォーリン!の大合唱。
Ghosts Of Insanityではゲストボーカルのパートをなんとシモーネが歌ってました。しかも結構歌うまい!いいものが見れましたw
本編ラストはTrustで終了。
アンコールは超クールなパワーメタルナンバーHereafter。ヘヴィな曲だし、サビは大合唱で熱狂的な盛り上がり。
曲が終わるとなんとElvenkingのメンバーが登場。そして、楽しみにしていたYou Wa Shockをみんなで大合唱し終了。

ライブ終了後、メンバーはオーディエンスとハイタッチをして御満悦でした。特にファビオはテンションが上がりすぎたのか?フロアにダイブしてました。おっさん、ハジけすぎwファビオは最後の最後までステージに残っていて名残惜しそうでした。

ライブのクオリティはElvenkingよりも遥かに上でした。ただ、セットリストは最近のアルバムに偏っていたのが残念。ディエゴ期の曲も聴きたかったです。PrideとかDreamlandとか。


【総評】
ノリノリのElvenkingと貫禄のあるDGM、どちらも楽しかったです。

DGMはまた来そうな予感がします。エルフはどうだろう?

次回のライブは12/17のSecret SphereとTrick Or Treatです。超楽しみ(>_<)

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム