​Extreme Dark Night Vol.2@Holiday 新宿 2016.7.31

IMG_8530.jpg
​夏のメロデス祭第1弾!フィンランドのOmnium GatherumとMors Principium Estのライブを見てきました。
O.Aは国産メロデスのNo Limited Spiralです。
オギャーとモルプリンが一度に見れるなんて、なんで贅沢なんだ!

この公演が発表されたとき、思わず叫んじゃいました。メロデスがよくわからないって人にこれがどれだけ凄いことか?わかりやすく例えると、夕ご飯に豚の生姜焼きとトンカツが出てくるようなもの。胸焼けしそうw

この日の会場はHoliday 新宿。初めて行く会場です。歌舞伎町のロボットレストランがある通りをひたすら突き進むとあります。ちょっと曲がったかw

Tシャツ付きのチケを買ったため、整理番号は若かったのですが、Tシャツを配りながらの入場だったため、進むのが遅かったです。

TシャツはOmnium Gatherumにしました。
コチラ

IMG_8538.jpg

IMG_8539.jpg

フロアは350人規模で、天井が低いせいか?狭く感じました。

客入りは良好。Sold Outではなかったにしろ、かなりの埋まり具合でした。9割は埋まってたはず。

開演時間が過ぎてもなかなか始まらず、12分くらい過ぎてから暗転しました。


No Limited Spiral

大阪のkey入りメロデスです。

アルバムは持ってますが、正直印象に残りませんでした。

ライブはまあまあ良かったです。

最初の2曲はクサクサな疾走チューンで、こんなにかっこいい曲あったっけ?って思いました。何て曲だろう?

そういえば、ライブ中はモルプリンのギタリスト、アンディがフロアにいました。MCでも言ってましたが、1stアルバムにはアンディがゲスト参加してましたね。仲がいいのかな?


Mors Principium Est

前日の京都ではモルプリンがトリだったけど、多分入れ替わるんだろうと思ったら案の定、モルプリンが先に出てきました。

このバンドを見るのは2年ぶり。あの時は1stと2ndを中心としたスペシャルショーでした。今回は色々やるだろうと期待。

セットリスト
(Spirit-Conception)
1.The Unborn
2.I Will Return
3.Altered State Of Consciousness
4.Leader Of The Titans
5.Pressure
6.Birth of the Starchild
(Enter The Asylum)
7.God Has Fallen
8.Life in Black
9.Finality
10.Monster In Me
11.Pure

とにかく突っ走ったアグレッシブなライブでした。

前回の来日メンバーとギタリストが変わってました。アンディじゃない方のギタリストは誰ですか?

演奏はそこそこタイト。メインソングライターのアンディはテクニカルで長い指をスラリと滑らせてスピーディにギターを弾きまくる姿は印象的でした。前回見た時よりも上手くなってるような気がしました。

そして、アンディはこんな人だっけ?って思うくらいとてもいい人でした。前回は硬さあったものの今回はかなり砕けていて、自らマイクを握り「コンニチハ、アンディデース!」って喋ってたり、「カンパーイ」と言ってビール飲んだり、自らライブを盛り上げてました。ヴィレのMCが頼りなかったから、余計にそう思いました。

ライブは2ndアルバムのインストSpirit-Conceptionが流れてメンバーが登場。そして、アルバムの流れと同じでThe Unbornでスタート。いきなりThe Unbornかよ!激しい疾走と共にフロアはひっちゃかめっちゃか。
5thアルバムの曲を中心にどのアルバムからもやるという構成。間にミドルテンポの曲を挟むということはせず、とにかく突っ走る!
アンディ加入後の曲はデスラッシュ色が強く、後ろから押されるし、サークル、モッシュが発生して、爆発的な盛り上がりでした。
特にBirth of the Starchild、God Has Fallenはやばかったw
ラストはもちろんPure。デデデデ!ってイントロが始まり疾走しだしたらぎあああああってなりました。サビはもちろんうぉおお〜!の大合唱でした。前回来日の時も聴いたけど、やっぱりこの曲はかっこいいですね。

約60分のライブでした。
前回見た時よりも印象は良かったです。


Omnium Gatherum

オギャーきたあああああああ(((o(*゚▽゚*)o)))

3年ぶりの来日です。そう言えば、このブログで初めてのライブレポはこのバンドでしたね。

2年前はプロモーターの不手際により来日キャンセルせざる負えなくなり、今回はリベンジライブとなります。

セットリスト
(These Grey Heavens)
1.The Pit
2.Ego
3.Skyline
4.Nail
5.The Unknowing
6.Frontiers
7.The Sonic Sign
8.The Great Liberation
9.Ophidian Sunrise
10.New World Shadows
11.Storm Front
アンコール
12.Luoto
13.New Dynamic

メロデスの神が舞い降りたのか?
音源で聴ける叙情美を見事に再現した、美しすぎるライブでした。

とにかく、ライブのクオリティが高いのなんの!前座のNo Limited Spiralはもちろん、Mors Principium Estと比べても上。音作り、演奏、ライブ運び、全てにおいて別格でした。​

北欧屈指のメロディメーカー、マルクス・ヴァンハラを中心とした技巧派揃いの楽器隊が見事な演奏を披露。Keyが若干空気に感じたのは残念でしたが、圧倒的なパフォーマンスに大興奮。ツインギターのコンビネーションは絶品でした。

そして、ヴォーカルのユッカは超いい人。MCでは常に「Thank you my friends」と感謝を忘れない姿勢が素晴らしい。お客さんをフレンズと呼んでくれる人って少ないですよね。一体感を作り、フロントマンとしての仕事をキッチリと果たしてました。

ライブは新譜のインストThese Grey Heavensが流れメンバーが登場し、The Pitでスタート。いきなりキラーチューンで始まるもんだからモッシュが発生。そこからEgoって殺す気かよ!イントロの大合唱は燃えました。
オギャーもモルプリンと同じで新譜の曲が中心。後はユッカ加入後の4thアルバム以降の曲を織り交ぜる構成。
モルプリンとの違いは速い曲とゆったりとした曲をバランスよくやったこと。
NailやThe Sonic Sign、The Great Liberationの疾走曲ではガンガン頭を振って、Skyline、The Unknowing、Ophidian Sunriseの落ち着いた曲では美しいメロディにうっとり。メリハリがあってライブ運びの上手さが光りました。
個人的にハイライトだったのはFrontiers。新譜の中では1番好きな曲だし、雄大なメロディとフワリとしたふろ~んてぃあ~の合唱には感動してしまいました。できれば、もっとKeyの音が目立っていたら良かったのですが。
本編はStorm Frontで終了。
アンコールではまずユッカが登場するも、ちょっとだけ喋ってすぐ舞台袖に消えていき「あれ?」って思ったけど、もの悲しげなアコギな流れ出した瞬間うわあああああああああってなりました。そこから楽器隊がまず登場してLuotoの中盤部分から演奏。この曲の構築されたギターは本当に感動的。マルクス、マジ天才!そしてユッカが戻ってきてキラーチューンNew Dynamicがスタート!最後の最後でこの曲をやるとか神だわ!

約75分のライブでした。
来日キャンセルのリベンジを果たしただけでなく、日本での評価を爆上げしたように感じました。

【総評】
オギャーはもっと評価されていいバンド!

新譜はよかったし、ライブも最高。

前から好きなバンドでしたが、今回のライブで更に好きになりました。

もちろん、モルプリンも良かったよ。


次回のライブは明日、8/3のThe Yellow Monkey。

やっとチケットが取れたので行ってきます!

↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム