​Varg / Das Ende aller Lugen

Varg5.jpg
アーティスト:Varg
作品名:Das Ende aller Lugen
国籍:ドイツ
ジャンル:メロディックデスメタル ペイガンメタル
発売年:2016

【評価】
★★★
​【感想】
4年ぶり、通算5枚目のアルバムです。
Vo、Gt×2、Ba、Drの5人組。

Turisasみたいな真っ赤なペイントをした見た目がインパクト大なバンド。名前は知ってますが、音源を聴くのは今回が初めてです。

CDは2枚組で、1枚は本編(ドイツ語)でもう1枚は英語バージョンです。英題は「The End Of All Lies」
Varg5 (3)
Varg5 (2)
…今風のペイガンメロデス
いや〜カッコイイじゃないですか!

見た目がTurisasみたいだから勝手にフォーク系のバンドかと想像してましたが、やっていることはソリッド感のあるリフと絶叫Voで激しく疾走し、勇壮なメロディと合唱、シンフォアレンジをした硬派なペイガン風メロデスです。

基本的にリフ主体で少しメロディを聴かせる程度だからクサさはあまり無いのですが、即効性が高いし、キャッチーかつコンパクト、おまけにバラエティに富んでいて聴きやすい作品になっています。


2.Das Ende aller Lügen オススメ
噛み付くような絶叫Voと不穏なギターで始まりデスラッシュ風に疾走。
勢いがあってかっこいいし、中盤の叙情的なギターはいい感じ。

5.Achtung
アクトン!と合唱するゴツゴツとしたペイガンナンバー。
フォークメタルみたいなノリの良さが面白いよ。

7.Totentanz
女性Voが参加しているバラード。
メロウなギターと女性Voの美しい歌声にメロメロ。
絶叫Voも悲痛な感じでよろしい。

8.Einherjer
Turisasみたいな合唱が盛り上げるデスラッシュナンバー。
突進するような激しい疾走からシンフォニックなアレンジと合唱が盛り上げる様はとてもドラマチックで力が入ります。

10.Ascheregen
男泣きを誘うエピックな曲。
泣きのギターと大合唱は感動的。ラストにふさわしい曲です。


初めて聴いたけど、なかなか良かったです。
フォーク/ヴァイキングメタル好きよりはメロデス好きにウケそう。
ちなみに英語バージョンの最初の語りはなぜかチャップリンの独裁者の有名な演説が流れます。なぜだ?

↓2曲目「Das Ende Aller Lügen」


↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム