​Rhapsody Of Fire ”Into The Legend” Japan Tour 2016@TSUTAYA O-EAST 2016.3.11

20130311.jpg
​Rhapsodyを見てきました。

人生初エメソ、最新作が良かったので楽しみにしてました。
会場はTSUTAYA O-EAST。数週間前に来たばかりという…。

普段は前売りチケットを買うのですが、この日は直前まで行けるかわからなかったので当日券を買いました。

​客入りは良好。てか、めちゃくちゃ入ってて驚きました。Cain's Offeringよりもフロアは埋まってたかも。ただ、よく見ると2階席がシャッターで閉ざされてスタッフオンリーになってました。なんでだ?

定刻に暗転、新譜のIn Principioが流れ大歓声に迎えられメンバーが登場。

セットリスト
1.Distant Sky
2.Unholy Warcry
3.The March Of The Swordmaster
4.Into The Legend
5.Speranze E Amor
6.Rage Of Darkness
7.Land Of Immortal
8.Holy Thunderforce
9.Lamento Eroico
10.Drum Solo
11.Rain Of A Thousand Flames
12.The Village Of Dwarves
13.Guitar Solo
14.Winter's Rain
15.Dawn Of Victory
アンコール1
16.Wisdom Of The Kings
17.Power Of The Dragonflame
18.The Magic Of The Wizards Dream
アンコール2
19.Reign Of Terror
20.Emeral Sword

いや〜めちゃくちゃ良かった。ブラガのライブと同様に激アツな大合唱ライブでした。

最新作が初期のパワーを取り戻したような曲が多いため、ライブ序盤を新曲で固めてもフロアは熱気ムンムン、中盤から終盤は名曲を立て続けにプレイするものだから最後まで凄まじい盛り上がりでした。

Rhapsodyの顔であるファビオ・リオーネのパフォーマンスは素晴らしかったです。昇天しそうなくらい美しいハイトーンからエモーショナルな歌唱、オペラティックな歌い方まで器用にこなし、観客を魅了します。MCと煽りもしっかりしてて観客のテンションを下げないライブ運びの上手さが光ります。ただ、何かの曲で歌詞を間違えて誤魔化してましたwなんだっけか?

演奏は無難なところ。ギターが音を外したり、Keyと同期の音が埋もれ気味だったり、気になるところはいくつかあったけど、そんなのどうでもいいくらい楽しかったから、難しいことは気にせずライブを楽しんじゃいました。

ライブは新譜と同じIn Principio〜Distant Skyの流れでスタート。しょっぱなから勢いのある疾走チューンだからテンション上げ上げ。
続く曲はUnholy Warcry。うわあああああってなりました。なんてったっておれめたるが初めて買ったRhapsodyのアルバムが「Symphony Of Enchanted Lands II」だったんで、この曲には思い入れがありました。荘厳なイントロはみんなで大合唱。この曲を生で聴けただけも感動です。
フォークメタルナンバーのThe March Of The Swordmaster、新譜のタイトルトラックをInto The Legendをプレイした後は、ファビオが「イタリア語の曲だよ」と言って始まったのがSperanze E Amor。国内盤ボーナストラックのこの曲をやるとは。バラードでのファビオの歌声はジーンときます。
バラードでテンションが落ち着いたら新譜のパワフルなナンバーRage Of Darknessへ。ファビオはこの曲のサビで声を出すのがとても辛そうでした。
そして、「次は1stアルバムの曲だよ」とファビオがいうと、超名曲Land Of Immortalがスタート。イントロは大合唱だったし、らーんどおぶいもーたる!の大合唱も熱かったです。
続けて名曲Holy Thunderforce。ぎああああああああってなりました。3連続でキラーチューンとか反則ですね。
テンション上がりまくったところでイタリア語のバラードLamento Eroico。ファビオのオペラティックな歌声に感動。こういう歌い方も出来るなんてホント凄い。
アレックス・ホルツワースのドラムソロを挟み、ファビオが「次の曲はめちゃくちゃ速い曲だよ」と言ってRain Of A Thousand Flamesがスタート。演奏がビミョーにあってないように感じたけど、この曲はかっこいいからガンガン頭を振ってました。
フォークメタルナンバーのThe Village Of Dwarves、ロビー・デ・ミケーリのエモーショナルなギターソロ、ずっしりとしたエピックナンバーWinter's Rainをプレイし、Dawn Of Victoryでぐりーりあーと合唱して本編は終了。
最初のアンコールはWisdom Of The Kingsでスタート。掛け声と合唱が熱かった。曲が終わるとファビオが観客にマイクを向けて「Judas PriestのTシャツ着てるね」と言ったり、コール&レスポンスで会場のテンションを上げてから激クサナンバーPower Of The Dragonflameをスタート。
そして、かつて語り手として作品に参加してくれたクリストファー・リーへ捧げる曲としてThe Magic Of The Wizards Dreamをプレイ。Power Of The Dragonflameと順番が逆でもよかったような。
2回目のアンコールはヘヴィなスピードナンバーReign Of Terrorでスタート。曲が終わるとファビオは「おやすみ〜おしま~い」っていうとフロアから「モア、モア」の声が上がり「あれ?何か忘れてるな~」と言うと観客が「エメラルドソード!」と言って、1人の観客に「おお、そうだった。君の名前は?」と言って沸かせてから国歌スタート。もちろんこの日1番の盛り上がりでした。ふぉーざーきーんふぉーざーらんふぉーざまうんてん!

きっちり120分、大満足のライブでした。
M&Iは120分やってくれるから嬉しいですね。某マンは同じチケ代で90分しかやりませんよね。

【総評】
エメソ最高でした。
Of Fire以降のRhapsodyはイマイチだとか、ルカがいなきゃダメなんじゃないか?って思ってた時期があったけど、新譜が良かったし、ライブも素晴らしかったから息を吹き返してきたように感じました。
これだけ集客力があれば次回新譜を出せばまた来てくれそうですね。
さあ、どうするルカ王子!

次回のライブは3/20の初来日Kalmahだ!

↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム