Signum Regis / Chapter IV: The Reckoning

Signum Regis4
アーティスト:Signum Regis
作品名:Chapter IV: The Reckoning
国籍:スロバキア
ジャンル:ネオクラシカルメタル メロディックパワーメタル
発売年:2015

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★☆
キャッチー:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【感想】
スロバキアのネオクラシカルメタルバンドのSignum Regisの4thアルバムです。
Vo、Gt、Ba、Dr、Keyの5人組。

このバンドはかつて国内盤が出ていたようですが、おれめたるが聴いたのは前作「Exodus」から。

その前作はメインボーカル抜きでゲストボーカルがたくさん参加したメタルオペラっぽい作品でした。トーマス ウインクラー(Gloryhammer)やマイク・ヴェセーラ、マッド・スミス(Theocracy)、ダイサ・ムニョス(Vandroya)となかなか豪華。でも、曲はこれといって印象に残るものはなく、このブログでも触れることはありませんでした。

Voとkeyが加入し、今年EPを発表してあっという間にアルバムリリースとなりました。前作がイマイチだから新譜買おうか迷いましたが、ジャケットに惹かれて買っちゃいましたwいいジャケット=良作...かもしれませんからね。

Signum Regis4 (2)
Signum Regis4 (3)
…スロバキア産だけど北欧メロパワ
前作がイマイチだったから新譜はどうなってるか心配でしたが、いい作品でした。

やっていることはネオクラシカルなギターときらびやかなkeyで疾走するStratovarius、Axensterのようは北欧メタル。

これと言って真新しいことはやってないんだけど、要所要所での聴かせるメロディとアレンジがしっかりとしていてなかなかの質の高さ。前作よりもギタープレイに磨きがかかったことで魅力が増したと思います。

新Voはマイケル・ボーマンに近い感じの掠れた哀愁のある歌声。もう少しパワフルでもいいような。


1.Lost and Found
北欧的なきらびやかなkeyとピロピロしまくるギターで疾走するStratovariusを彷彿させる王道メロパワナンバー。
ネオクラシカルなギターがクサい。

2.The Secret of the Sea
勇壮な合唱とキャッチーなメロディが印象的なミドルテンポの曲。
古き良きメタルサウンドときらびやかなkeyメロはBattle Beastみたい。

6.Quitters Never Win
クサクサなギターが炸裂する北欧ライクな正統派ナンバー。
ネオクラシカルなプレイと泣きメロが曲を盛り上げます。シンガロングも勇壮でいい感じ。

8.When Freedom Fails オススメ
メロディックなギターで疾走するメロスピチューン。
ブリッジから爽快感のあるサビへの盛り上がりがとても気持ちいい。

10.Bells Are Tolling
クラシカルなピアノが哀しいバラードからずっしりとした正統派メタルへと展開するドラマティックなナンバー。
中盤のキャッチーなメロディと合唱は感動的だし、ギターソロはクサい。


前作よりも遥かに良かったです。
北欧メタルファンにオススメ!

↓1曲目「Lost and Found」



↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム