Kerion / Cloudriders Part.2 Technowars

Kerion4.jpg
アーティスト:Kerion
作品名:Cloudriders Part.2 Technowars
国籍:フランス
ジャンル:シンフォニックメタル ネオクラシカルメタル
発売年:2015

【評価】
クサさ:★★★☆☆
疾走感:★★★☆☆
キラキラ:★★★★☆
オススメ:★★★☆☆

【感想】
フランスのシンフォニックメタルバンドKerionの4thアルバムです。
女性Vo、Gt×2、Ba、Drの5人組。

みんな大好きけりおん!の新譜ですよ~。タイトルにPart2と付いてるから前作の続きです。

このバンドを知ったのは2ndアルバム「The Origins」を発表した時。Rhapsody、Fairylandに通じるようなファンタジーメタルで一部のマニアで話題になり国内盤も出ていたのですが、同時期に登場したAncient Bardsの方が流行っていたため影に隠れていました。おれめたるはKerionを推してましたがw

前作はインパクトのあるジャケットとは裏腹にメロディにフックがなく、ミドルテンポの曲も多いためイマイチでした。
新譜は不安でしたが手を出してみました。

Kerion4 (2)
Kerion4 (3)
…迷走するけりおん!
あまり期待はしてませんでしたが今回も…いや前作以上にやっちまったな~って感じました。

やっていることはピロピロしまくるネオクラギターと大合唱が盛り上げるファンタジーなシンフォニック、エピックメタル。全体的にミドル~アップテンポの曲が中心です。今までの作品と比べるとやけにチャラチャラしていて、Popsやダンサンブルな曲が増えています。Warrior's CallやTime Of Fantasyみたいなメロスピチューンはなく、ガッカリな曲ばかりです。どうしてこうなったんでしょう?

あと、ギターがかなりヘナチョコ。新しいギタリストに変わったようですが、ピロピロにキレが無くてかなりイモ臭く感じました。元々イモ臭いんですが、更に酷くなってます。


2.The Legacy
Arch EnemyのEnemy Withinみたいなリフで始まり、テクノみたいなピコピコしたアレンジと大合唱で盛り上げてるダンサンブルな曲。

3.Take Me On! オススメ
ネオクラシカルなギターときらびやかなkeyアレンジな華やかに彩るアップテンポの曲。ダンサンブルなノリとクラシカルな要素が合わさっててなかなか面白いし、テクミーオン!の合唱がいい感じ。

6.Heart of Steel (Metal Heart)
荘厳なオケとクワイア入りでヘヴィに疾走。ゲストVoのデス声もあってなかなかの迫力。ただ、テクノっぽいアレンジはいらない。

8.In Silence
落ち着いた雰囲気のアコースティックなバラード。牧歌的な笛やクラシカルなストリングスが感動を誘います。チャラチャラした曲ばかりだからこの曲はよく映える。

10.Riding Clouds
フォーキーなバイオリンが乱舞するDalriada風の疾走曲。元Dark Moorのエリサが参加してます。


前作よりも質が落ちたように感じました。
初期のようなクサメタルをやって欲しいです。

↓10曲目「Riding Clouds」




↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム