【原点回帰?】Graveworm / Ascending Hate

Graveworm9.jpg
アーティスト:Graveworm
作品名:Ascending Hate
国籍:イタリア
ジャンル:ブラックメタル メロディックデスメタル
発売年:2015

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★☆
シンフォニック:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【感想】
イタリアのブラックメタルバンドGravewormの9thアルバムです。
Vo、Gt&key、Gt、Ba、Drの5人組。

20年以上のキャリアを誇るバンドで、メンバーチェンジはあれど、1997年に1stアルバムを発表してからは2~3年というペースでアルバムを発表し続けています。
イタリアを代表するブラックメタルバンドと言っても過言ではありません。

おれめたるはこのバンドのCDは2nd~6thアルバムまで持ってます。2ndと3rdは名盤ですが、4th以降はあまりパッとせず、最近のアルバムは買ってませんでした。

新譜も期待はしてませんが、とりあえず買ってみました。
Graveworm9 (2)
Graveworm9 (3)
…悲壮感のあるメロディに悶絶
いや~いいじゃないですか^ ^2nd、3rdほどではありませんが気に入りました。

おれめたるが5th、6thアルバムがイマイチに感じた理由は、メロディとアレンジ。2nd、3rdアルバムの胸に突き刺さるような悲しいメロディと耽美でクラシカルなkeyアレンジがほとんどなくなってしまい、興味が薄れてしまいました。

本作はメロデスとメロブラの中間で、かつてのような泣きメロが戻って来ています。アグレッシブに疾走する曲も多く、全体を通してダレずに楽しめます。

クラシカル、ゴシック要素も若干戻りつつあります。基本はギター主導で、keyアレンジはそれほど派手ではないものの、随所でもの悲しげなピアノ、ストリングスが顔を覗かせ、メロディの良さを引き立てています。

Voは低音のグロウルで、ズッシリ感があり、曲の雰囲気とマッチしているし、サウンドに厚みをもたらしています。


1.The Death Heritage
もの悲しげなアルペジオが終わると爆走開始。
メロディックなリフで疾走して、ブリッジではツインギターが美しいハーモニーを奏で、サビではクラシカルなkeyが悲しげに響く、とても切ない曲です。

3.Blood/ Torture/ Death
メロディックなツインギターのリフで疾走するドストレートなメロデスナンバー。
アグレッシブだし、慟哭メロディが素敵。

5.Downfall of Heaven
ブラックメタルらしく邪悪な雰囲気を漂わせる曲。
扇情性の高いトレモロとブラストビートで畳み掛けてからの泣きのギターが凄くいい!

8.Rise Again
クラシカルなピアノが響き渡る2nd、3rdのような耽美な曲。
泣きのギターとピアノが悲しすぎる!Voもまるで悲痛な叫びのよう。

10.Nocturnal Hymns, Pt. II (The Death Anthem) オススメ
悲しすぎるメロディを撒き散らしながら爆走、トレモロ、シンフォニック!クサすぎる>_<
Part.Ⅱって何だ?って思ったら2ndに収録されてる曲の続編なのね。
やっぱり2ndを意識してアルバムを作ったのだろうか?


同系のバンドで、この前来日したDark Lunacyが迷走しているのに対し、このバンドはだいぶ巻き返した感じがしました。
クサブラックメタルファンなら要チェック。

↓5曲目「Downfall of Heaven」



↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム