【購入記】Royal Quest / The Tale Of Man

Royal Quest1
アーティスト:Royal Quest
作品名:The Tale Of Man
国籍:ギリシャ
ジャンル:メロディックパワーメタル ネオクラシカルメタル
発売年:2015

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★☆
シンフォニック:★★★★☆
オススメ:★★☆☆☆

【感想】
ギリシャのメロパワRoyal Questの1stアルバムです。
Yannis Androulakakisというギタリストのプロジェクトです。
セッションメンバーには男女Voとバイオリンが参加しています。

今年の新譜をチェックしていたら何やら怪しげなものを発見。
Royal Questという名前といいファンタジックなジャケットといい、これはアレだろうと試聴したところ完璧にアレでした。
アレというのはSkylarkとかHeimdallとか…
期待はしてないけどとりあえず注文しました。
CDはBandcamp(http://royalquest.bandcamp.com/)にあります。
送料込みで1500円弱でした。
サイン入りで↑写真にボカシが入っているのは私の名前が入っているからです。
スペルが違うんですけどねw

Royal Quest1 (3)
Royal Quest1 (2)
…ヘナチョコクサメタル
Skylarkのようなキラキラヘナチョコクサメタルです。
音は貧弱、男性Voはヘナチョコ(女性Voはいい感じ)、曲が無駄に長い…ダメなオーラがプンプン漂います。
所々クサいフレーズが飛び出したり、key、バイオリンはいい仕事しててやってることは悪くないと思います。
ただ、プログレ風味のインストパートや無駄な展開が多くてとにかく退屈。
Thy Majestieのようなストーリー性、ドラマ性を重視した作品を目指したのかもしれませんが、それが曲をつまらなくしています。
普通にメロスピやれば充分クサいと思うんですがそうはいかないものですね。

2.Rising Empire
女性Voが歌うAncient Bards風のメロスピチューン。
壮麗なkeyと共に疾走、クサメロを撒き散らします。

4.Days of War
9分にも及ぶインスト。
3のイントロを含めると10分越えというどうしようもない曲。
無駄にプログレっぽい要素を入れていてつまらない。

6.In the Name of Man
チェンバロから入るイントロがSkylarkみたい
そこから女性Voの美しい歌声とともに疾走するメロスピチューン。

8.Dark Lord's Words
壮麗なkeyアレンジとクワイアで勇壮に聴かせるシンフォニックな曲。
ソロパートのkeyの音が酷くて笑いました。
あと男性Voも酷いw

10.Moonstone オススメ
キラキラとしたkeyを響かせメロスピ疾走するSkylark風の曲。
哀愁のあるメロディに乗せて疾走する様がクサくていい。
バイオリンもいい味出してます。

期待通りのクソメタルでした。
まあ、頑張ってください。

↓2曲目「Rising Empire」




↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム