【森メタル】Korpiklaani / Noita

korpiklaani9.jpg
アーティスト:Korpiklaani
作品名:Noita(邦題:コルピと魔術師達の宝玉)
国籍:フィンランド
ジャンル:フォークメタル
発売年:2015

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★☆
愉快:★★★★★
オススメ:★★★★☆

【感想】
フィンランドのフォークメタルバンドKorpiklaaniの9thアルバムです。
Vo&Gt、Gt、Ba、Drに加えバイオリンとアコーディオンがいる6人組。

はみ出ろ、はみ出ろ、はみ出ろ、坊さん!でお馴染み、フィンフェスに出演したことがある日本でも抜群の人気を誇るバンドです。
このブログでコルピを取り上げるのは今回が初めてですね。
おれめたるが初めて聴いたフォークメタルはこのバンドでした。
バイオリン、アコーディオンを使い陽気に宴を繰り広げる...こんな楽しいメタルがあるのか~とよく聴いてました。
ただ、このジャンルの中だとめちゃくちゃ好きってわけではないし、後から聴いたEluveitie、Equilibriumの方がフォークメタルの入口でした。
といいつつ新譜買いました。
今回からアコーディオンが新しい人に変わっているそうです。

korpiklaani9 (2)
korpiklaani9 (3)
…安定感のある森メタル
1曲目が始まった瞬間に「あ、いつも通りだわ」って思いました。
バイオリンとアコーディオンを愉快に鳴らして疾走するドンチャン騒ぎは健在。
疾走曲が中心でミドルや重たい曲も入っているためメリハリがあってダレることなく楽しめます。
やってることはこれまで通りなので新鮮味はなし、キラーチューンはありません。
逆に言えばファンが求めているコルピサウンドは守られています。
うん、このバンドはこれでいいのだと思います。

1.Viinamaen Mies
ヘイヘイヘイの掛け声で始まりリズミカルなアコーディオンと共に疾走しだすコルピらしい愉快な曲。
毎度ワンパターンだとは思うけどそれでも楽しいから許せる

3.Lempo
ハードロック調でシリアスさが漂うヘヴィな曲。
Jonne Jarvelaのダミ声が重厚で愉快な曲とは違う味わいがあっていい

4.Sahti オススメ
Alestormばりに愉快にかっ飛ばすスピードチューン。
クサクサな民謡メロディとライララララライが熱すぎる!

6.Mina Nain Vedessa Neidon
静で重ためな曲
森の奥深くの闇を描いたような不気味な雰囲気が漂います。

11.Antaja
北欧的な叙情メロディで疾走するメロパワナンバー。
スピードを落としたサビの哀メロとバイオリンの旋律にはうっとりしてしまいます。

驚くほどいい!ってものではないけど安心して聴ける作品です。
ラウパに来ないかな~~_~;

↓2曲目「Pilli On Pajusta Tehty」


↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

コルピ

自分もこのジャンルだとEluveitieとかEquilibriumのフォークメロデスの方が好きですね。FrosttideとかKrumpusとか

Re: コルピ

翔さん

コメントありがとうございます。

Eluveitieはホント衝撃的でした。
また来日しないかな~
非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム