Ride Of The Valkyries Vol.1@吉祥寺クレッシェンド 2015.6.7

20150607.jpg
Walkure Records主催のイベントを見てきました。
メロデスVS正統派と題し、メロデス2組と正統派2組の真っ向対決!
各バンド50分という長丁場です。

出演バンド(登場順)
Longinus
Sin From The Resurrection
Valthus
Veiled In Scarlet

おれめたるの目当てはVeild In Scarletです。
あとValthusもちょっと期待。


会場は吉祥寺クレッシェンド。
ここに来たのは昨年8月31日以来です。
ブログでは触れてないけどこの時はAzraelを見ました。

到着したのは開演15分前17:15頃。
客入りは50人くらい…寂しい。
日曜日だというのにこれはいかがなものか?
もっとみんなライブに行こうぜ!
それでも最終的には7割くらい埋まってたと思います。

定刻5分押しでスタート!



Longinus
東京の正統派メタルバンドです。
名前は聞いたことあるけど音源は持ってません。

クレッシェンド名物のカーテンが手動で開くと地味なおっさん達が登場。
そしてジャーマンメタルばりに疾走開始。
いや~めちゃくちゃかっこよかった!
やっていることはLightningをもっと正統派寄りにしたってところ?日本語歌詞のBlasdeadかな?
ガチガチの正統派なんだけど日本らしい哀愁のあるメロディと歌いやすい歌詞でトップバッターながら会場を大いに沸かせました。
メンバーの見た目は地味なんだけどライブ中はみんなとてもカッコよかったです。
Voはクセのあるハイトーンを響かせながらしっかり煽っててとてもアクティブ。
演奏陣もしっかりしていてシュレッドをバンバン決めるギタリストさんは印象的でした。
ライブの後半に元AlbionのVo百合さんが登場してコラボ曲を披露するなど一緒に盛り上げてました。

初見だけど楽しめました。
今度CD買ってみます。


Sin From The Resurrection
名古屋のメロデスです。
このバンドは全く知りません。

メンバーはみんな若い兄ちゃん。
やっていることはMors Principium Estを彷彿させる突進力のあるメロデス。
本来は女性Voがいるようですが、この日はリードギターの人がVoをやっていました。
このバンドもよかったです。
エクストリームなノリでガンガン突っ走ってたし、演奏しながら煽ってて一生懸命さが伝わってきました。
演奏は多少バタつく場面がありましたがそこは勢いで乗り切ってていかにも若いバンドらしい。
あと、Voがリードギターを弾くというのはChildren Of Bodomみたいで見栄えがいいですね。

MCでは触れてませんでしたが7月に解散するようです。


Valthus
東京のメロスピです。
このバンドはCDは持ってますがライブを見るのは初めてです。
最近になってVoが変ったようです。
このバンドの1stアルバムはVoのカタカナ英語のせいでイマイチって印象でした。
新Voさんがどういうパフォーマンスを見せるか?

セットリスト
1.Cathedral
2.Pale Light
3.Venus In The Eastern Morning Sky
4.At The Side Of That River
5.Tears In Troia
6.新曲
7.たぶん新曲
8.Rebiirth

ん~このライブは色々考えさせる内容でした。
Sonata Arcticaのようなキラキラとしたメロスピで演奏はしっかりしているし各パートのバランスも取れててかなり引き締まってました。
あとこの日唯一key入りということで華やかで曲の再現度はとても高かった...いや、CDで聴く以上によかったと思います。
問題はVo。
イケメンで真っ白なマイクスタンドを持って歌うんですがこれが地味なんです。
声は前任のVoを更に細くした感じでメロスピでありがちな弱々しい声。
声量が不足していて聴いていて気分がノリません。
おまけに煽るようなこともしないであまり持ち場を動かない。
曲はキラキラドカドカのメロスピチューン中心でとてもカッコいいのにVoの印象がイマイチ・・・ん~なんだかな~(°_°)
途中、百合さんが再び登場して一緒に歌ったけど百合さんの方が目立ってました。
当たり前のことかもしれないけど、いくら曲や演奏がよくてもフロントマンがしっかりしてないと見てる方は退屈なんですね。
ライブにおいてフロントマンのパフォーマンスがいかに大事かって思わせるライブでした。

8月にEPをリリースするようです。
新曲はいい感じでした。


Veiled In Scarlet
神戸のメロデスです。
トリきたああああああああ!
元SerpentのKeijaさんが結成したバンド。
2012年に発表した1stアルバム「Idealism」はSerpentサウンドを受け継ぐ激クサメロデスでした。
神戸のバンドなんでなかなか見る機会に恵まれなかったため見るのは今回が初めてです。
この日は50分のライブなんでいろいろやってくれると期待。

セットリスト
1.The Underworld
2.Resistance
3.Belief
4.Night Befall
5.Scarlet
6.Desire
7.Idealism
8.Cannibalistic Dream
9.Siren Night
アンコール
10.Bloody Gates

もう最高!
激クサの慟哭メロディの連続に悶絶しまくり、初めから終わりまでガンガン頭を振りながら見てました
演奏は多少Gtが音外してるところがありましたが、それ以上に楽しかったから気にならなかったです。
慟哭メロデスなのに楽しいというのは可笑しな話ですねw
Voの窪田道元さんはスタートからエンジン全開でガンガン吼えまくり煽りまくり。
耳に手を当てて「聴こえねえぞ!」とか「もっと行けるだろ!」とオーディエンスに向かっていく姿がかっこいい!
ケンカ腰の姿勢がいいんですよ。
ここまでされたら見ているほうも拳を突き上げて叫んじゃいます。
バンドとオーディエンスの真っ向勝負でとても熱かった。
それにしても、メンバーはみんなロンゲなのに道元さんだけハゲってのは笑っちゃいましたw

ライブは中盤まではVISの曲。
1と5はシングルに収録されてる新曲。
5は落ち着いた曲で道元さんがマイクスタンドをセットして歌ったんだけど、周りからは「珍しい」「レアだ」って声が聞けました。
本人は「ディナーショーみたいだな」って言ってましたw
7曲目が終わると道元さんが「昔に戻るぞ」と叫びました。
どういうこと?・・・そういうこと。
カンニバンルスティック!カンニバンルスティック!とコールされ、
サーペントきたあああああああああああ!ってなりました。
多分Serpentの曲はやってくれるだろうと思ってましたが、実際に始まったらガッツポーズしてしまいました。
それが終わると「まだまだ昔に戻るぜ!ここにいるのはベールドじゃねえぞ!」といってコールされたのが
サイレンナイト!
いやああああああああああああああああ!
国産メロデスの金字塔的作品Serpentの1stアルバム「Cradle Of Insanity」に収録されてる名曲が聴けるなんてええええええええ!
日本のバンドのライブでここまで発狂したのはBalflareのライブでWaking In Silenceをやったとき以来。
超クサいギターメロディに悶絶しまくりでソロパートではギターメロディに合わせて合唱が起こってました。
この日一番の盛り上がりだったと思います。
アンコールでもCradle Of InsanityからBloody Gatesが披露されテンションが下がることはありませんでした。

存在感のあるVoと最高にクサい曲のオンパレードに大満足
最高のライブでした。
お礼にシングルを買って帰りました。
20150607(9).jpg




総評
どのバンドも個性があって満足度の高いライブでした。
メロデスVS正統派ということでしたが、どうでもいいです。
とても楽しかったです。

次回のライブは6/25のブラガです!
↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム