【久しぶり!】Ancient Rites / Laguz

Ancient Rites6
アーティスト:Ancient Rites
作品名:Laguz
国籍:ベルギー
ジャンル:シンフォニックブラックメタル
発売年:2015

【評価】
クサさ:★★★★★
疾走感:★★★★★
エピック:★★★★★
オススメ:★★★★★
【感想】
ベルギーのエピックブラックメタルバンドAncient Ritesの6thアルバム。
Vo、Gt×2、Drの4人組。

かつては国内盤が出ていたこのバンド。
2006年にRubiconを発表して以降は音沙汰なし。
地味にライブ活動はしてたようですが、アルバムはかなり間が空いちゃいました。
実に9年ぶりの新譜です。
今年に入って新譜出るよ~ってニュースを聞いたときはまだ活動してたんだ(°_°)って驚きました。
トリプルギター、Key入りの7人組の大所帯でしたが前作から3人脱退。
現在は残りのメンバーで活動しています。

Ancient Rites6 (3)
Ancient Rites6 (2)
…クサすぎるエピックブラック
久々の新譜ですが...いい、凄くいい!

激しいブラストビートとトレモロで爆走、ヴァイキングメタル風味の勇壮なGtとやり過ぎ!ってくらいオーケストラを使い壮大な世界を描くシンフォブラックです。

これまでとやってることは変わらないんだけど、今回は過去最高ってくらいド派手!
しかも、めちゃくちゃクサい!

前作Rubiconでそれまであったイモ臭ささが一気にぶっ飛びましたが、今回は更に進化。全体的に重厚になっていて映画のサントラのようなスケールの大きさがあります。

これまでの作品はDrがスッカスカだったせいで貧弱だな~って思っていたんですが、今まてほど軽さは感じないし凄まじいブラストビートで畳み掛ける様は鬼気迫るものがあります。

メロディは名盤Fatherlandに匹敵すりくらい充実してて泣きやヴァイキングっぽいフレーズが満載でクサメタラー悶絶必至のクサメロが次々と飛び出します。


3.Under the Sign of Laguz
オリエンタルなギターフレーズをふんだんに使いエピックな世界を演出。
クサメロを撒き散らしながら激しいブラストビートとトレモロで畳み掛ける様は迫力満点。

4.Von Gott Entfernt (Bij Nacht En Ontij) オススメ
イントロのピアノとストリングスの泣きのメロに感動。
オーケストラ萌え~ってくらい華やかなサウンドに悶絶
終盤の歓喜に満ちたような明るいメロディはクサすぎる!

6.Leg V Alaudae (Fifth Larks Legion)
クサクサなトレモロを重ねスリリングに疾走。
随所で光る泣きのギターがクサすぎるのなんの!

9.Frankenland
ヴァイキングメタル風味のクサいフレーズを撒き散らしながら疾走。
Ensiferumっぽい。

10.Fatum (III Fate - Noodlot)
フォーキーな笛とピアノがもの哀しげに響き渡るファンタジックなアコースティックナンバー。
Vo.Gunther Theysの語り口調の歌い方がいい雰囲気を作り出します。


音楽性を変えることなく以前よりも素晴らしい作品に仕上げてきました。
堂々の復活作!
エピックメタルファン必聴もの。

↓2曲目「Carthago Delenda Est」


↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム