Veonity / Gladiator's Tale

Veonity1.jpg
アーティスト:Veonity
作品名:Gladiator's Tale
国籍:スウェーデン
ジャンル:メロディックパワーメタル
発売年:2015

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★☆
エピック:★★★★☆
オススメ:★★★★☆
【感想】
スウェーデンのメロパワVeonityの1stアルバムです。Vo&Gt、Gt、Ba、Drの4人組。本作にはReinXeedのTommy JohansonとRancerのIsak Stenvallが参加してます。

結成は2013年でこの年にEPを発表。そして、待望のフルレングス発表となった若手。

海外サイトでこのバンドを知って、これは!と思いCDを探してみました。イギリスのAmazonのマケプにあったので注文しました。日本のAmazonには今のところありません。

Veonity1 (2)
Veonity1 (3)
…クサクサ漢メタル
明るい歌メロと勇壮なコーラスで初期のHelloweenばりに疾走する王道メロパワです。

同郷のThe Storyteller、Cryonic Templeと似たようなことをしているためこれといって真新しさはないのですが、北欧らしいパワフルさとメロディには魅力を感じます。

あと良かったのはギター。まるでGalneryusのような思わずクサ~って言いたくなるような泣きが入っているので日本人ウケしそう。

なかなかいいねって思いましたが、致命的な欠陥がありました。それは4曲目なんですが、ザザザって雑音が入っちゃってます。最初はそういうものなのか?って思ったけど、mp3で購入したものを聴くと雑音は入ってませんでした。こういうことがあると残念に思います。


1.Into Eternity オススメ
このバンドを知るきっかけになった曲です。
キラキラしながら疾走する様に「コイツらただ者じゃない!」って思いましたw
サビの明るさがたまりません。

6.Chains of Blood
アジアンチックなギターフレーズを奏でるズッシリとしたパワーチューン
うおお~!というコーラスが勇壮でヴァイキングメタルっぽい

7.For the Glory
ReinXeedのトミー・ヨハンソン参加曲。
ブリッジをハイトーンを響かせて歌ってます。

9.Warrior of Steel
ピアノが美しい泣きのバラード。
ギターソロがGalneryusばりにクサい

12.Farewell
ラストは激クサクサチューン。
エピックメタルらしい熱い大合唱とバカみたいに明るいメロディに悶絶!


デビュー作とは思えない堂々とした作品です。このクオリティなら国内盤がでてもおかしくないと思います。4曲目の欠陥の原因はよくわからないけど、それを差し引いても満足です。

↓1曲目「Into Eternity」


↓よろしかったらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム