【クサメタルコア】Hone Your Sense / Absolute Senses

Hone Your Sense1
アーティスト:Hone Your Sense
作品名:Absolute Senses
国籍:日本
ジャンル:メタルコア メロディックデスメタル
発売年:2014

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★★
ドラマティック:★★★★★
オススメ:★★★★★

続きを読む

Hope For The Dying「Aletheia」

hope for the dying3
アーティスト:Hope For The Dying
作品名:Aletheia
国籍:アメリカ
ジャンル:メロディックデスメタル メタルコア
発売年:2013

【評価】
クサさ:★★☆☆☆
疾走感:★★★★☆
シンフォニック:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
アメリカのメロデス/メタルコアHope For The Dyingの3rdアルバム。
シンセ入り4人組。
Voがシンセを兼任しています。
このバンドを知ったのは前作Dissimulation
シンフォニックなアレンジとクサ過ぎるネオクラ風のギターを取り入れたモダンなメロデス/メタルコアで新たなジャンルを開拓?し非常にエキサイティングな作品でした。
そんな彼らの2年振りとなる新譜が出ました。

聴いてみましょう。
hope for the dying3 (2)
…悶絶テクニカルデス
基本は前作同様にモダンなメロデス/メタルコアにシンフォニックなアレンジを効かせたもの。
クサクサのネオクラ風のギターは減退し、クサくは無くなったのは残念…と思いつつ聴いてみるとこれがカッコいい!
テクニカルデス寄りの音になりました。
私はあまりテクニカルデスは聴かないのですが、非常にスリリングで魅力を感じます。
激しい疾走と変則的な展開は手数の多いドラムによって支えられ、テクニカルなギターは時にヘヴィに時にメロウなフレーズを奏でまるでOpethを彷彿させる表現力豊かなサウンドを描き出します。
シンセによるシンフォニックなアレンジも光り、スケールの大きさを生み出し荘厳さを演出します。
更にはクリーンボイスを導入しキャッチーに聴かせたり、アコースティックなパートを折りまぜるなどシンフォニックデスメタルにとどまらない貪欲さが素晴らしい。
クサクサメロデスでは無くなりましたが、今回もエキサイティングな作品で楽しませてくれました。
これからもこのバンドからは目が離せない!

↓3曲目「Iniquitous」

Epicurean「A Consequence Of Design」

Epicurean2.jpg
アーティスト:Epicurean
作品名:A Consequence Of Design
国籍:アメリカ
ジャンル:メロディックデスメタル メタルコア
発売年:2008

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★★☆
シンフォニック:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
アメリカのメロデスEpicureanの2ndアルバム。
シンセ入りの5人組。
ある日ディスクユニオンで物色していたところ500円で売られてたこのCDを発見。
以前どなたかのブログでシンセ入りメタルコアという風に紹介されてたのを覚えてたので買っちゃいました。
正直メタルコアはあまり興味ないんですけどね~。
しかし、これが聴いてビックリ!の作品でした。
聴いてみましょう。
Epicurean2i.jpg
…モダンなキラデス
メロディアスなギターとやり過ぎってくらいシンセをギラギラさせ、モダンなメロデス、メタルコア風に疾走します。
吐き捨てボーカルとクリーンボーカルを使い分ける辺り今風のバンドだな~と感じますが、北欧メロデス的な叙情的なギターと透明感のあるシンセアレンジが曲を彩り、壮麗でクサクサなSkyfireをメタルコアにしたような聴き応えです。
音質は軽め、クリーンボイスで歌う辺りメロスピ感覚で聴けなくもない。
アメリカのメロデスはメタルコアっぽいものが多いという勝手なイメージでしたが北欧メロデスの要素を大胆に取り入れた作品でした。
キラデスファンなら押さえておきましょう(^_^)v

↓3曲目「Lithograph」


Tracedawn「Lizard Dusk」

Tracedawn3.jpg
国籍:フィンランド
ジャンル:メロディックデスメタル メタルコア
発売年:2012

【評価】
クサさ:★★★☆☆
疾走感:★★★★☆
キャッチー:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
トレースドーンの3rdアルバム。
グロウルとクリーンボイスのツインボーカルでテクニカルなギターリフときらびやかなシンセ使ったモダンメロデス、メタルコアバンド。
本作は前作の流れを汲みながらもより高クオリティに進化した力作になった。
1曲目からデスラッシュばりに暴れれば、2曲目ではメロスピっぽく疾走、5曲目ではシンフォニックに聴かせたり、だいぶバラエティ豊かだ。
クリーンボイスのボーカルが歌うパートが増えキャッチーなサビメロが爽やかで聴きやすい。
Children Of BodomやKalmahにも匹敵するクオリティで新世代の北欧メロデスの代表格になりそうだ。

1、2、5、9曲目がオススメ。
↓2曲目「Breed Insane」


Hope For The Dying「Dissimulation」

hope_for_the_dying1.jpg
国籍:アメリカ
ジャンル:メロディックデスメタル メタルコア
発売年:2011

【評価】
クサさ:★★★★☆
疾走感:★★★☆☆
シンフォニック:★★★★☆
オススメ:★★★★☆

【レビュー】
ホープ・フォー・ザ・ダイイングの2ndアルバム。
モダンメロデスというかメタルコアをベースにしていて、
キーボードを全面に出した大仰なシンフォニックメタルを展開。
ハイクオリティで暴虐さと美しい旋律が際立ちます。
この手のバンドではお決まりのクリーンボイスのパートでは女性コーラスを起用し、
一層ドラマチックに聴かせてくれます。
そして、一番の魅力はネオクラ風味のギターのリフ
これは斬新!
ギターのリフはクサさがあり、メタルコアとネオクラが見事に融合しています。
一概にクサメタルとは言えませんが、これは聴いてて楽しい。
メタルコア聴かない人でも楽しめそう。

2、3、8、10曲目がオススメ。
↓2曲目「Vacillation 」

プロフィール

おれめたる

Author:おれめたる
お元気ですか?
クサメタル大好き人間です。
私が聴いたCDを紹介します。
評価に納得いかない、CDを買って気に入らなかったというクレームがあっても、こちらで責任を取ることはできませんのでご了承ください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
↑よろしかったらクリックお願いします!

FC2カウンター

Twitter...

検索フォーム

ブロとも申請フォーム